忍者ブログ

CMMP

薬品化学の実験テーマの一つに『新光延試薬の開発』があります.

これまでにいくつかの試薬を開発してきました.

CMMPもその一つで,一見するとWittig試薬です.



これにより,光延反応において克服しがたい難しい限界「光延反応の収率は求核剤として用いる化合物の酸性度(pKa)に大きく依存する」という制約を克服できるようになりました.

品化では,CMMPを調製していますが,最近はあまり使っていませんでした.

4月13日ひっさしぶりに調製しました.

     

アンチマイシンA5の全合成を達成して,卒論にも余裕が出てきたアヤネさんがやってくれました!

初めての調製にもかかわらず,大成功!でした! ありがとう!!
PR